処方箋 カラコン

処方箋のいらないカラコン

現在、通常のコンタクトや度ありカラコンをコンタクト量販店で購入する際には、併設された眼科で発行された処方箋をもとに購入できます。

しかし、通販では現在のところ、医療系メーカーの度ありカラコンでも、例えばチバビジョンのフレッシュルックデイリーズなど、通販でならば処方箋不要の製品があるのも事実です。
しかし、処方箋不要と言っても、高度医療機器取扱を許可された業者から、医師の診察や診断書による眼のカーブ、度数などのデータに基づいての購入となります。
同じように、医療系以外の度ありのカラコン通販についても、同じく高度医療機器としての扱いとなりますから、基本的に度数などのデータは必要となります。

ところが、これはカラコン以外の普通のコンタクトレンズの通販でもよくあることなのですが、

*手持ちの普段使っているコンタクトレンズの度数が分かっている場合、同じ度数で注文する

こんなケースも多いんです。
特に一般の医療系使い捨てコンタクトでも、通販店やメーカーによっては度数などのデータさえ分かっていれば注文できてしまいます。

とは言え、これは「定期的に医師の検査を受けて、眼に異常がない場合」を大前提としたもの。
なんだか最近眼の調子が悪い、視力下がったかも?なんて場合は改めて眼科で検査を受ける必要があります。

ところで、度なしカラコンについて。
今後は、医療機器取扱業者として自治体から認定を受けた業者のみが、一定以上の品質の製品の輸入・販売を許可されます。
わたしたちも認定業者からしか購入できなくなるわけですが、この場合、一度眼科で眼を検査して、角膜などに異常がないという診断を受けてからの購入、購入後も定期的な検診を受けることを前提としての購入が一般的になりそうです。

じゃあこれからも、度なしカラコンは買う前に診察を受ければ処方箋はいらないんだ!という考えを持ってしまいがちですが、カラコンの価格の他に、眼科での診察費用が必要となります。
また、3ヶ月ごとの定期検診が推奨されます。

また、カラコンを使用しているうちに、何か眼に違和感や不調を感じた際は、放置せずに眼科で診察をうけるようにしましょうね。

カラコン関連情報