体験談 カラコン

カラコン体験談

私もカラコンは好きです。
でも毎日装用するわけじゃありません。
やはりカラコンは度のあるなし関らず、通常のコンタクトより眼に負担がかかるからです。

カラコンデビューは十年以上前の、チバビジョンの使い捨てではないタイプのヘーゼル(ライトブラウン)でした。
初装着の感想は、やはり着色のせいで角膜に入る光をコントロールしにくいためか、若干視界が暗く感じられました。
当時はカラコン自体珍しかったので、目の色が違う、というのは遠目で見てもかなりインパクトがあったので、クラブなどの夜遊びなんかの際によく付けていました。
なるべく短時間のほうが負担が少ないので。

グレーやパープルが好みで、その後、フチありのカラコンもいくつか試していたのですが、その頃から私は眼を酷使する仕事柄、「乱視」になってしまったんです。

乱視用のカラコンはその頃(現在に至る)ほとんど販売されていません。
近視の度数を少し上げ気味でクッキリ見えるように処方されたのですが、なんだか乱視以前より目の疲れが加速して、頭痛のせいで出先で外して普通の乱視用コンタクトに入れ替えることもよくありました。

それから数年。
度なしのカラコンで可愛いのがたくさん出てきたじゃないですか?!
コンタクトの検診などで自分の眼の健康状態は把握できている状態なので、これをどうにか使えないかと私なりに考えた結果、

「度なしカラコン+近視・乱視矯正メガネ」

これですよ!
乱視用カラコンが個人輸入以外ほぼ不可能な現在、メガネのフレームとアイメイク、カラコンの色でかなり遊べます!

また、友達のV系バンドマンは、イギリス製のとんでもないショッキング系な
カラコンでステージに出たり、アニメコスプレ好きのお友達は色がハッキリ出るタイプのカラコンを仕込んで、週末のコスプレイベントでNarutoとして活躍中です・・・(笑

この間、とあるディスカウントショップで小耳に挟んだ女の子達の会話。
「私、カラコンないともう外出たくなくなるの・・・」

確かに、若さゆえに悩みがちかもしれないですが、カラコンに縛られる必要は全然ないですよ。

むしろ、正しいケアやルールを守って、楽しまなくちゃもったいないです!

カラコン関連情報