使用期限 カラコン

使用期限のあるカラコン

現在販売されているカラコンには、度なし、度ありに関らず使用期限のあるものが一般的です。
1日用から3ヶ月、半年、1年間など色々なタイプがあります。
いわゆる使い捨てコンタクトですね。

通常のコンタクトレンズの場合、寿命は約1年から長くて2年です。
なぜカラコンや使い捨てレンズにこのような期限を設けているのかというと、理由はレンズの素材や造りによる耐久性の差にあります。
長期間使用することを前提に造られてはいないのです。
通常のレンズでも使っているうちに、汚れてきたり、装用感が悪くなってきたりしますよね。
カラコンなど使い捨てレンズでも薬品消毒などのケアは欠かせませんが、やはりそのうちに汚れて劣化してきます。
この蓄積と劣化がレンズを劣化させ、使用期限となります。
使い捨てレンズの場合、その寿命が短いわけです。
汚れがたまって劣化する前にレンズを交換するほうが、眼に負担が少ないですからね。

カラコンに限らず、現在使い捨てコンタクトが主流になりつつあるのもこの考え方からです。
当然期限の過ぎたものは眼に悪影響を与える恐れがあるため使用はしないのが鉄則です。

ちなみにカラコンの値段は、使用期限の長いものほど高価な場合が多いです。
高価だとそれだけ耐久できる材質と造りだということですね。
ところが度なしなどの安価なカラコンの場合、使用期限を無視して使い続けるケースで、眼の健康被害が報告されることが多いのです。

ところで、カラコンの度あり・度なしのどちらが使用期限が長い、という差はあまりありません。
度ありで1日用のものや、度なしで1年使えるものも販売されています。

使用期限を守るのはもったいないことではありません。
むしろ期限を守らずに眼を傷めてしまうほうがよっぽど損害は大きいですからね。

カラコン関連情報