違い カラコン

カラコンと普通のコンタクトの違いは?

カラコンと通常のコンタクトレンズでは、大きな違いがいくつかあります。

*厚さ・直径の違い
通常のコンタクトレンズに比べ、カラコンは厚みがあったり、大きかったりする場合があります。また、レンズのカーブが1種類のみの製品が大半です。

厚みに関しては、やはり着色されているのが大きな理由です。
以前一部のカラコンで、レンズの内側に直接着色されていることで目に影響を及ぼす可能性が指摘されて以降、「サンドイッチ構造」といって、2層のレンズの間に着色する方法が増えてきました。
また、度なしカラコンに関しては視力矯正用の高度医療機器としての対象外で、いわゆる「おしゃれ雑貨」という扱いから、メーカーの技術や品質などによってはかなり厚いものもあるのが現状です。

直径に関しては、着色直径の大きいカラコン、いわゆる「デカ目」効果を狙ったものなど、レンズそのものが通常のコンタクトレンズより大きい場合も多いんです。

いずれにせよ、カラコンは通常のコンタクトに比べて目に負担が掛かりやすいのは事実です。

*視力矯正できるかどうか

いわゆる「度なしカラコン」には視力矯正機能はありません。
視力矯正の必要がなく、度なしカラコンを装用する場合は、眼のトラブル予防のためにも装用時間や使用期限を守るようにしましょう。

*医師の診断・処方箋が必要かどうか

一般的に通常のコンタクトでは、眼科を受診して、眼球のカーブや視力を指示した処方箋が必要になります(一部の通販では例外もあります)。
度ありカラコンでは一部の製品は処方箋が必要ですが、度なしカラコンではそれらが必要ありません。
しかし、この手軽さがカラコンで多く報告される、眼のトラブルの原因となっていることも確かです。

初めてコンタクトレンズを使う方はもちろんのこと、度なしカラコンについてもできれば医師に相談されることをおすすめします。

カラコン関連情報